1998「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Baby Vox Ⅱ」の解説

1999「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Baby Vox Ⅱ」の解説

共感投稿数: 0
0

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

1998年、BABY V.O.X (ベイビーボックス)の第2期メンバーによる『可愛らしくキュートな女の子』としてコンセプトが決まり、当時ユ・スンジュンの“ナ・ナ・ナ”などを大ヒットさせていた作曲家『キム・ヒョンソク』がアルバムのプロデュースを担当した。

タイトル曲“ヤ・ヤ・ヤ”という一世一代の名曲が生まれ、一気にチャートの上位に躍りだしグループの人気も急上昇、後続曲“Change”も大ヒットしベビボは女性グループ人気3番手につけた。

ブレイクの要因としては楽曲もさることながら末っ子のカン・ミヨンというアイドル性を持った実力派がメンバーに加わり、グループ全体が華やいだところが大きい。

当時、あまりの可愛らしさからHOTのファンが嫉妬し、勝手な噂でカン・ミヨンに催涙スプレーを吹きつける事件まで起こった。

あと当時は『楽器を弾きがら歌えるアイドル』というコンセプトもあり、カーペンターズの『Top of the World』を演奏しているシーンが同時期発売されたCD-ROM『Net CD』で確認できる。

1998「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Baby Vox Ⅱ」の解説

2集メンバー

  • キム・イジ(김이지 )
  • イ・ヒジン(이희진)
  • シム・ウンジン(심은진)NEW
  • カン・ミヨン(간미연)NEW
  • イ・ガイ(이가이)NEW

1998「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Baby Vox Ⅱ」について

ベイビーボックスは1集活動を終了したあと、チームリーダーであったチョン・ヒョンジョンとチョン・ジウンの2名のメンバーが脱退してしまう。

空いたメンバーの席を埋めたのは、当時高校2年生だったシム・ウンジン。

彼女は、兄の推薦で新しい5人組女性グループのデビューのため準備していたが、デビュー前に話がなくなり急遽企画会社のプロデューサーに「ベイビーボックスのメンバー」としてスカウトされる。

1stアルバムとは違い、ベイビーボックスの2枚目はロック・バンドとして構想されていたのでキーボードとボーカルができるメンバーを探していたさなか、1988年(10年前)に3人組アイドル「セトレ」として活動していたイ・ガイを参加させることになった。

バンドサウンドから、ガールズポップへ軌道修正

シム・ウンジンとイ・ガイが合流したベイビーボックスは、キーボードやギターといった楽器を1つずつ練習させられていたが、ちまたではSES(1997)とピンクル(1998)といった「今までになかったカワイイK-POPガールズグループ」が爆発的に大ヒットしており、2集発売前にベビボは路線変更を余儀なくされた。

※バンドとして企画されたベイビーボックスはVCDの特典映像として収録されている

メロディメイカー、キム・ヒョンソク

その路線変更をあおりを受けて、プロデューサーはユ・スンジュンの”ナナナ”を大ヒットさせていたキム・ヒョンソクが担当することになり、チュ・ヨンフンも作曲家として参加。

この後、ベイビーボックスはK-POPの名曲をたてつづけに量産することとなる。

可愛いダンスと歌詞、そしてメロディをわかりやすくするコンセプトで動き出した「第2期ベイビーボックス」。

1日8時間の厳しいダンスレッスンと、伝統武芸を3ヵ月学んで精神修行まで!おこない、1集失敗をとりかえすため、それこそ血をにじむ努力をした。

その結果、1998年9月6日に音楽番組『SBS人気歌謡』でリーダー曲”ヤヤヤ”で再びカムバック。

同年9月15日には、2集となる『BABY VOX Ⅱ』を発売。

リーダー曲”ヤヤヤ”は、放送されてまもなく音楽番組『MBC音楽キャンプ』で10位、『ミュージックバンク』で13位、『SBS人気歌謡』で11位とヒットチャートを急激にのぼっていった。

“ヤヤヤ”ヒットの要因は、10代が好む歌詞とダンスで先のユ・スンジュン”ナナナ”がヒットしたとき振り付けを担当したイ・ヨンファンが考案した「こんにちはダンス」が、大きな話題となった。

最終的に”ヤヤヤ”は『SBS人気歌謡』で3位を獲得する大ヒットとなり、後続曲の”Change”も歌謡チャート10位に入る大健闘をみせ、ベイビーボックスはこの年『SBS歌謡大賞』で新人賞、ソウル歌謡大賞で人気賞を受賞し、ファンクラブも創設された。

イ・ガイ脱退

人気がでると必ずほころびが目立つのは常で、イガイの実年齢詐称が週刊誌を中心にバレてしまい、所属会社であるDRミュージックはインターネットで謝罪文を公表し、イ・ガイはこれをもって脱退した。

BABY V.O.X (ベイビーボックス)の他のアルバム

BABY V.O.X (ベイビーボックス)と同じ5人組のグループ

この1998年に発表された歌手・グループの作品

同じ作曲家の別の作品