2001「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Boyish Story」の解説

2001「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Boyish Story」の解説

共感投稿数: 0
0

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

活動期間中、チャート1位にならないと「次回のカムバックがより辛いものになる」弱肉強食の韓国芸能界にあって、2001年、「BABY V.O.X (ベイビーボックス)」の5集でのカムバックは大変厳しいものとなっていた。

コンセプトを『ボーイッシュ』とし男らしい女性としてスーツ姿でステージに登場した「ベイビーボックス」は“Game Over”で活動、またもベスト10止まり、続く“人形”では一転バービー人形のような振り付けで、可愛らしさをアピールしたがファンを拡げることができず活動を終了。

とはいうものの作品的に出来が悪かったのか?

といえばそうではなく2集~5集までの「キム・ヒョンソクプロデュース」のベイビーボックス作品はすべて名盤といえるくらい良質だ。

時代が彼女たちに追いついていなかったかもしれない…

2001「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Boyish Story」の解説

5集メンバー

  • キム・イジ(김이지 )
  • イ・ヒジン(이희진)
  • シム・ウンジン(심은진)
  • カン・ミヨン(간미연)
  • ユン・ウネ(윤은혜)

2001「BABY V.O.X (ベイビーボックス)- Boyish Story」について

4集活動が終わって7ヶ月後の2001年6月4日。

ベイビーボックス(BABY V.O.X)は、5集アルバムのリーダー曲”Game Over”でカムバックする。

本当なら1月にはカムバック予定だったのだが、事務所の意向で「メンバー全員が作詞作曲する」というミッションを与えられたため、5ヵ月間の音楽授業を受けていたのだ。

この試練は、リーダ曲”Game Over”の作詞にキム・イジがかかわったことで実を結んだ。

他にもイ・ヒジンは”The One”、カン・ミヨンは”最後の贈り物”、シム・ウンジンはアルバムのイントロ・アウトロ、ユン・ウネは”To Angel”の作詞を担当した。

“Game Over”は、2集”ヤヤヤ”、3集”Get Up””Killer”、4集”Why”を作曲したキム・ヒョンソクの作品でファンキーダンスチューンのサウンドに今までのセクシーグループを脱皮させながら、ボーイッシュなイメージを加えた。

音楽番組のステージでは、男性のスーツと靴を身に着けて登場、ボーイッシュなキャラクターを担当していたシム・ウンジンが髪をバッサリ切り、ショートカットスタイルで登場した。

5集「 Boyish Story」の発売と中国での活動

6月4日に発売されたベイビーボックス5枚目のアルバム『Boyish Story』は、当時の所属事務所DRミュージックの方針で、国内より海外での活動に比重を置いていたため、中国・日本・台湾と同時に発表した。

昨年発表した4集『Why』は、中国では15万枚のセールスを記録し実質的なミリオンセラーを記録し、今作も期待されていたからだ。

2001年7月には、中国の芸能雑誌において「韓国女性芸能人の中で最高に人気芸能人ランキング」で、カン・ミヨンが女優のキム・ヒソンをおさえて1位を獲得、キム・イジは韓中合作20部作ドラマの主人公に抜擢されたり、イ・ヒジンも中国でのドラマ出演交渉が途切れなかった。

7月7日からは、瀋陽からスタートした「月間7都市をまわる中国ツアー」へ旅立ち、それが終わると東京の4都市をまわる日本ツアーも敢行。

2001年9月は瀋陽・北京公演、2001年11月には国際観光の開幕行事に参加し、カーパレードやミニコンサートに参加した。

5集「 Boyish Story」のチャートアクションと人気

“Game Over”が発売されたあと、韓国音楽番組においてチャート上位に躍り出たものの、大型歌手とかちあうことで、1位を獲得することはできなかった。

後続曲は”近くに”を検討していたが、歌詞の内容が卑猥さから「公式ファンクラブ」からクレームがきて、DRミュージックに公開質問書まで送られてきため後続曲は”近くに”から”人形”へと急遽変更となった。

“人形”は、バービー人形のようなかわいらいしい振り付けから女性からも人気を集めたが、首位を勝ち取ることはできなかった。

BABY V.O.X (ベイビーボックス)の他のアルバム

BABY V.O.X (ベイビーボックス)と同じ5人組のグループ

この2001年に発表された歌手・グループの作品

同じ作曲家の別の作品